茶人好みの渋味の宿 さりげなく女性むきの庭作り width=497

長野県蓼科温泉【たてしな藍】

 丹波一之さん一家が蓼科に3,000坪の別荘地を買い、ここに移り住んだのは昭和56年だという。

 おふくろさんが藍染めの工房を作り、夫婦で懐石料理を同好者に供したのが始まりである。ところが、その奥さん方が、温泉に入れてー、泊めてー、ということになり、とうとう十八室の旅館の主人になってしまったと笑う。

 しかし、茶人というのか、草木好みというのか、一家の和趣味は落ち着いた日本の宿経営にぴったりだったのである。

 玄関の木戸といい、山野草の咲き乱れる踏み石のアプローチ、玄関のしょうしゃな日本調と、まさに茶室のような部屋作りに感心の他はない。

 料理も妹さんが心を込めて指図をする茶懐石風の盛込である。器もそれぞれに合った凝りようで、まさにご婦人好みの渋味のある宿ではなかろうか…。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒391-0301長野県茅野市蓼科高原横谷峡
TEL 0266-67-5030
URL http://www.tateshina-ai.co.jp
E-mail info@tateshina-ai.co.jp
交通 JR中央線茅野駅よりバス25分 タクシー25分
中央自動車道諏訪ICより約16Km 約30分
建物 木造2階建
客室数 18室(全室バス・トイレ付)
風呂 アルカリ性単純温泉 /循環濾過 大浴場2、露天風呂2、貸切露天風呂2
チェックタイム イン15時、アウト10時30分
宿泊料 24,150円~36,750円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会